ニュース

GWO基本安全訓練

 皆様、いかがお過ごしですか? もちろん、新型コロナの影響を受けていることは承知しております。日常生活の有り方は、もしかしたら永久に変わってしまったかもしれません。 毎日、メディアは新型コロナの事ばかりで、うんざりしていると思いますので、訓練のことについて話しましょう。persevere

 GWO基本安全訓練の需要が高まっています。 台湾の洋上風力発電プロジェクトが関係していますが、今後は日本の洋上風力発電の普及も見込まれており、GWO基本安全訓練の需要は、更に増加することが考えられます。訓練を提供する側としては、訓練品質の更なる向上を目指し、空時間に訓練の進め方の確認など、努力を欠かしません。sparkles

高所作業訓練のテクニックを確認

 GWO基本安全訓練に関して、注意して頂きたいのは、修了証の有効期間は2年しかないということです。つまり、必要以上に早く受講すると、有効期限が直ぐに来てしまうということです。 OPITO BOSIETの有効期間が4年、STCW基本安全訓練は5年であることを考えると期間はかなり短いと言えます。 もちろん、更新講習をご受講して頂けばいいのですが、その場合は、有効期限が切れる前にお越しください。

それでは、皆様のお越しを心よりお待ちしております。blush

 

訓練部:松室

 

カレンダー

2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別アーカイブ

 
  • NSTCパンフレットのダウンロードはこちら
  • 航空隊向けADC提供に関するご案内
  • 受講申込みはこちら
  • ご受講実績企業(団体)様一覧はこちら
日本サバイバルトレーニングセンター

日本サバイバルトレーニングセンター
Copyright © 2011 Nippon Survival Training Center, All Rights Reserved.